logo

京都スポーツゲーム大賞

京都eスポーツゲーム大賞とは

京都府とポノス株式会社が、エレクトロニックスポーツ(以下:eスポーツ)をきっかけとした京都府内のゲーム関連企業の活性化を目的に、「京都eスポーツサミット」を立ち上げました。

2019年3月9日に実施した「京都eスポーツサミット2019 Spring」では、有識者やプロゲーマーによるeスポーツの講演やエキシビションマッチ等を行い、業界内外からお集まりいただいた300名を超える方々にeスポーツの現状と今後を知っていただきました。

第2回目となる今回は、ものづくり産業の支援からeスポーツのゲームタイトルの開発に注目し、インディーゲームにプロゲーマーが関わり、未来のeスポーツタイトルを目指す『京都eスポーツゲーム大賞』を日本最大級インディーゲームの祭典「BitSummit」と共催のもと実施致します。

日本国内の開発者から対戦型のインディーゲームを募集し、応募作品の中からいくつかの作品を絞り、「BitSummit The 8th Bit」内で2020年5月9日(土)開催予定の「京都eスポーツサミット2020 Spring」において、プロゲーマー等による最終審査と講評を行い、それらの作品から最も優れたタイトルを表彰し、開発支援金を授与致します。

クリエイターの皆様の発想と、インフルエンサーとしても活躍するプロゲーマーが出会い、京都から世界へ羽ばたくeスポーツタイトルが誕生することを期待し、皆様からのご応募をお待ち致しております。

表彰式
2020年5月9日(土) BitSummit The 8th Bit
(京都eスポーツサミット2020Spring)
開発支援金
大賞 50万円 特別賞 10万円
エントリーを締め切りました。

開催概要

主催 京都eスポーツサミット実行委員会(京都府/ポノス株式会社)
共催 BitSummit実行委員会
応募期間 2020年1月12日(日)~ 2月29日(土)
審査期間 2020年3月1日(日)~ 3月20日(金)
最終審査会
ノミネート作品発表
2020年3月20日(金)以降、WEBサイトで公開
応募方法 本サイトの応募フォームから必要事項を記載のうえ応募(無料)
※応募受理後にゲームデータの受け渡し方法などについては事務局から折り返しご連絡致します。

応募資格

応募資格 ①日本国内在住の方。国籍、年齢、職業(学生、ゲーム制作者など)は問わない。
②開発規模が50名未満であること。
審査対象ゲーム条件 ①eスポーツにも使うことができる、競技性を持った対戦ゲーム(※1)
②発売後1年以内の作品または現在開発中のゲーム(※2)
※1キャラクターの能力、課金、運がゲームに大きく影響せず、公平にプレイヤーの能力によって勝敗がわかることを指します。
※2審査を行う為に試遊、対戦が行える状態であるものに限ります。
応募対象プラットフォーム PC/スマートフォン/家庭用ゲーム機
賞・賞金 大賞(1点)開発支援金50万円
特別賞(1~3点程度)開発支援金10万円
審査基準
評価項目表(例示)
評価項目
競技点 対戦において、ルール・勝敗がわかりやすいか
操作点 プレイヤーが、キャラクターなどを多様に操作できるか
演出点 観客が盛り上がるよう、演出などに工夫があるか
独創点 ・既存のゲームにはない特色を持っているか
・特にeスポーツのゲームタイトルを意識して工夫があるか
応募多数の場合、上記の項目等を総合的に評価して数点に選定し、最終審査会において受賞者を決定致します。
※「京都eスポーツサミット2020 Spring」で行う最終審査に関しまして、評価項目が変更される可能性がございます。
選考委員メンバー BitSummit実行委員会、プロeスポーツ選手(プロゲーマー)、京都eスポーツサミット実行委員会(京都府/ポノス)

審査の流れ

  • step01

    エントリー①WEB応募

    エントリーフォームから必要な情報を入力して応募してください。

  • step04
  • step02

    エントリー②作品受渡し

    応募後、実行委員会より作品の受渡しについてご連絡致します。作品を受領しましたらエントリー完了となります。

  • step04
  • step03

    審査

    選考委員会でノミネート作品を選定致します。

  • step04
  • step04

    入賞作品の発表

    BitSummit The 8th Bitで開催される「京都eスポーツサミット2020Spring」で入賞者の発表と表彰式を行います。

エントリーを締め切りました。

注意事項

  • ①開発支援金は、作品を再調整(またはアップデート)する目的のものです。プロゲーマーの講評により、最終審査会にノミネートされた作品がeスポーツタイトルに向けて改善することを望む企画ですので、あらかじめご了承ください。
  • ②最終審査会にノミネートされた作品につきましては、BitSummit The 8th Bit(2020年5月9日、10日)両日に出展いただきますので、開発者の方はあらかじめご承知おきください。
     (Bitsummitへ出展する作品でも応募いただけます。)
  • ③自ら企画・開発した(している)タイトルを応募対象と致します。
    第三者の著作権、特許権などその他の権利を侵害するタイトルの出展はできません。IP保有者などの第三者の権利の許諾が必要なタイトルである場合は、権利者へ応募可否の確認を行ってください。主催者はIP保有者の意志を尊重致します。主催者がIP保有者へ確認を行うことは一切ございません。
  • ④CESA倫理規定、CERO倫理規定に準じたもの、かつ以下のいずれにも相当しないものを応募対象と致します。
    • (1) CERO倫理規定 別表3「禁止表現」 (http://www.cero.gr.jp/relays/download/?file=/files/libs/183/201711211303545293.pdf)に抵触、または抵触する恐れのある表現が含まれている。
    • (2)CEROの審査で「Z」区分レーティングを受けた作品、もしくは「Z」区分に相当する表現が含まれている可能性がある。
    • (3)海外で既に発表されており、海外審査機関(ESRBなど)で「17+」(MATURE)区分の指定を受けている。
    • (4)海外において発表予定で、海外審査機関(ESRBなど)により「17+」(MATURE)区分の指定を受ける可能性がある。(残虐性が強く「13+」(TEEN)区分に相当するとは思えない作品)
    • (5)会場の都合により、VR対応のゲームは不可と致します。
  • ⑤情報が一般公開されても問題ないタイトルの応募を対象と致します。
  • ⑥誹謗中傷、公序良俗違反に当たらず、アダルト要素などを含まないものを対象と致します。
  • ⑦反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味する。以下同じ。)である者または反社会的勢力と関係のある方からの応募はできません。
  • ⑧選考委員の動作環境において正常に作動しないタイトルについては審査対象外となります。
  • ⑨応募いただく際に氏名住所連絡先などの個人情報を提供いただきます。提供いただいた個人情報は審査の結果に関する連絡など審査業務を行う過程でのみ使用し、審査委員会は個人情報を安全に管理致します。BitSummit The 8th Bitにて受賞の発表とともに製作者として氏名を公開することがありますのであらかじめご了承下さい。
  • ⑩応募資格、注意事項、法令などに違反していることが判明した場合、受賞が取り消されることがあります。
  • その他ご不明点はお問い合わせくださいませ。
    お問い合わせ先:esports@cmex.kyoto

ページトップ

協賛企業

  • 京都府
  • PONOS
  • BITSUMMIT